Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

雑記

のんびり自宅作業の日

色々終わって溜まった仕事を片付けていますが、
気が抜けたのか数年ぶりに本格的な風邪をひいた模様です。
交通事故に遭っても病気になっても、休めないのが社会人の辛さではありますね。

さて、ブログシステムのどさくさに紛れてエントリー出来ていなかった宣伝を。

昨年夏に参加させて頂いた、Takamiyこと高見沢さんのソロツアーの、ライブハウス公演のDVDです。
とてもライブハウスの臨場感が出ている映像なので、後の発売の国際フォーラムのDVDと合わせて持っていても宜しいかと。



いまごろ宣伝〜?
遅くない〜?
もう持ってるし〜。

あわわ、すいませんんんん〜。





さてさて、春ツアーのタイトルが決まったみたいですねー。

昨年のNeo Universe、Fantasia、Neo Universe IIと非常にハードな1年となりましたが、今年はどの様な1年になるのかツアータイトルから占ってみたいと思います!!

THE ALFEE Neo Universe 2011
I Love You

アイラブユー!!
甘い愛の歌をお届けする1年に…



あれ?
冠のAUBEがNeo Universeになってる………



…………

………

……




風邪ひいてる場合じゃ無いですね。

占うまでもなく、今年も大変ハードな1年になると思うので、
応援宜しくお願い致しまーす。
  • 2011.01.13 Thursday
  • 14:36

雑記

まなただライブ

9/22の「まなただライブ」ですが、若干名キャンセルが出ましたので、予約希望の方はlive@tadasuke.comまでメール下さい。
マイルスカフェの予約受付システムで受け付けが出来る様になりましたらそちらに移行しますが、それまではコチラでタイムスタンプ順に対応させて頂きます。


宜しく御願い致します。



さてさて今日のポンすけライブですが、ご来場の皆様ありがとうございましたー。
本当に予想外の方向な面白いライブになったと思います。
いやぁ、化学変化が起きましたよ。笑いの。
またこんなメンバーでもやりたいですなぁ。


来月は、今月よりは音楽よりになるかと思いますが、ポンすけのホームページで近日ゲスト発表です。
乞う御期待!
  • 2010.09.16 Thursday
  • 00:57

雑記

という訳で。

終わりましたー、ファンタジアツアー。
略してファンタなのですけれども。
改めて見ると昨日の写真は、疲れと緊張と年齢を感じさせるなぁ。
ソフトフォーカスが素敵に思う年頃になって来ました。

さてさて無事に完走しました〜。
改めて、応援ありがとうございました。
最近、普段から出来るだけ体を動かす様にしていたからか、皆さんの応援のおかげか何と筋肉痛が出ませんでした!

首以外は。。。

さておき、サポートミュージシャンにまで声援があるのは、本当に嬉しいです。
これからも、出来るだけシャキっとしてステージを支えて行きたいと思いまーす。

引き続き応援宜しくお願いします。





首にも。。。
  • 2010.09.13 Monday
  • 23:53

雑記

生きる。

少し時間があったので、仕事の資料のDVDを6枚程取り込みながら、録画してから見よう見ようと思っていた15年前のとある事象に関するドキュメント番組を、今更ながら見てみた。
それは震災時の新聞社の奮闘に関するモノ。
何かしらの影響を受けるであろうとは思っていたが、存在意義なんかを少し考えてみたんですよね。
番組中のセリフで先輩カメラマンが「撮るしかネェんだよ」と。



ずっとずっと、常に自分の中で疑問に思い続けて来た事。



僕は音楽を生業していて良いのか?



素晴らしい先輩方や、お互い切磋琢磨しているミュージシャン達とお話させて頂いていると、余りに音楽に対して無知な自分を恥ずかしく思ったり、まあsatisfactionの話しとか。。。
勉強していた時には理論や技術には興味が有ったのだけれど、ぶっちゃけ先人達の偉大な足跡には興味が無かったんですよね。
それはクラシックでもロックでもジャズでもポピュラーでも同じ。
だからこれ迄の仕事の軌跡は、音楽の知識では無く解析と読譜力によるもの。

果たして、自分は音楽を好きなんだろうか?なんて思ったり。
勿論、音楽まみれの生活に幸せを感じています。
こうして起用してくれているアーティストの方々や、極めて貴重なファンの皆さんには感謝感謝です。
ただ、自分自身の音楽を発信して行く事に関しては…まあこれは長くなるので割愛。
そもそも自分の音楽ってなぁに?って事ですよね。



もともと職業音楽家として振る舞っていた訳で、なので誰かの為に音楽を実現して生きて来たのだけれど。
先述の、カメラマンは写真しか採れないし、記者は記事しか書けない。
語弊はありますかね。
本業では無い分野でも、素晴らしい活動を多数行われている多芸な方もいらっしゃいますから。



良くも悪くも、自分には音楽しか出来る事は無いので、その中で世間という中に存在し何が出来るのか、その為に何が足りないのか。
自分自身少し仕事に対して神経質になってやしないかと言う気持ちに対する、自分の中で生まれた反論。



上手く書けないですね。



要は、誰かの為のパフォーマンスであり演奏なのだな。
いつも同じ所をぐるぐるしている気もするけれども、未だ答えは見えません。

少しばかり、光は見えましたが。

お金の為に働くという事は、人の為に尽くすという事です。



一体全体何が書きたかったのか、自分でも良くわからなくなりまとまらなくなりましたが、備忘録として残しておきます。



オンエアから時間が経ってしまいましたが、今夜見ることができて良かったです。



明日の神戸の景色は、いつもと違うのだろう。
  • 2010.09.03 Friday
  • 22:08

雑記

明日初日です。

さてさて、激しいリハーサルを終えて、ツアー遂に始まります。
Takamiy Legend of Fantasia 2010 Fantasia
そう言えばソロの時の名義が変わったのだと、Yahooトピックか何かで知りました。
「Takamiy」
これは公に「たかみー」と呼んでも大丈夫なのだろうか?

牧田部長「今日から、仕事以外では名義を変えたから、みんなよろしくな。」
鈴木平社員「どういう事ですか?」
牧田部長「マッキーという名義で飲み会を開く事にしたから、みんなよろしくな。」
鈴木「どういう事ですか?牧田部長?」
牧田「バカモノ!マッキーだと言っているだろうが!!」
鈴木「はあ、部長。。。」

…そういう事では無いですね。
今回は、アルバムもシングルも発売と言う事で、新曲が盛りだくさんでヒィヒィ言っております。
ライブ前にアルバムを是非聞いてみてくださいまし。
僕も、ちょっとだけ参加させてもらっていますー。

Fantasia 【限定盤CD+DVD】
Fantasia 【限定盤CD+DVD】
Takamiy(高見沢俊彦)
  • 2010.08.25 Wednesday
  • 12:15

雑記

21日の晩からの流れ。

Le Velvetsのライブが終わり、「今日も大変だったけど良いライブだったなぁ。お腹も空いたし早く帰ってお酒飲みたいって明日健康診断で21時過ぎてるからもう飲食出来ないよー。」的な独り言に始まったのでした。
出して頂いたお弁当も、ライブ前だから少しにしてしまったので腹減ってフラフラ。

家に帰って、永井セッションの資料を確認すると、難しい曲がちらりほらり。
楽譜を作り直して練習しないとライブが出来ないやんけ!!
寝不足決定。

朝起きたら、全く持って力が出なくてフラフラ。
病院着いたらすぐに尿検査なので、トイレを我慢して出発!
そして首都高速事故渋滞ひぃぃぃぃぃぃぃぃ。
ま、車内の様子は想像して下さい。

車を置いて病院に向かう途中で、お父さん、事件は起きました。

まさかの、
まさかの、
まさかの、

まさか都内で、

まさかまさかのスズメバチ飛来。



慌てふためき、逃げ惑っているうちに、見知らぬ男性に強烈なタックルを浴びせました。
「スイマセンスイマセンスイマセン、ハチがハチがハチがハチが」
「ああ、、そうですか、、ハチ、ハチですか。。。。」
そして男性からも逃げる様に立ち去る私。



噂によると、出どころは明治神宮の周辺らしいのですが。
あくまで噂。

もう気が動転していて、採血している時も、
「右手が終わったから、後は左手かぁ。。。」
本当は血が採れれば終わりですけどね。



そして、バリウム検査です。



「ゲップしないで下さいねぇ。」
何せ我慢するのに、息を止めるんですよ。
しかも、レントゲン台が立体的に回転するので、しっかり息を止めていないとゲップが出ます。
回転が終わり、ゲップを出したい状況が落ち着いた時に、
「ハイ、そこで息を止めて下さい。止めまーす。」
止めっぱなしだよ!!
「ハイ、楽にして良いですよー。」
その瞬間動くレントゲン台。
ゲップを我慢するのに息を止めています。。。



その直後に仕事先の方と、

「これで、三段落ちが欲しいよね。」
た「え、まだ必要ですか?」
「まあ、ちょっとバリウム後の下剤がらみだと厳しいけどねぇ。」
た「それはキツイですね。」
「いっその事、今日のライブで伝説作ろうよ。」

みたいな会話を交わし、酸素カプセル屋へ。



今日は1.3気圧まで上げて酸素バッチリな感じですが、ふと先ほどの会話を思い出し、、、
もし、たった今酸素カプセル内で伝説を作るのでもキツいなぁ。。。






つまり、今日のライブは楽しかったって事です。





つまり。

お酒、美味しいね。

うーん、とりあえずエビス。
  • 2010.07.23 Friday
  • 01:40

雑記

ご無沙汰です。

春ツアーが終わってから初の更新になってしまいました。
ミュージシャン的にはド派手なセットリストのツアーが終わり、とにかく手を休めています。

そして地味な家仕事に追われていて、混浴はおろか温泉はおろか辿り着くのは自宅の浴槽が限界だったりします。
さてそんな中、告知をします。
何やら最近告知ばかりな気がしますが。。。
むむー。
家からあまり出ないのでネタが無いんですな。
今月下旬はネタの宝庫になると思うので、乞う御期待を。

さて告知、まずは主催モノから。
--
『ポンすけツアー「夏の陣」』
CDありまーす。

7/26@広島Bird
7/27@大阪Knave
7/28・29@名古屋DOXY
現在お客様を大募集しております、皆様どうか親類縁者魑魅魍魎お誘い合わせの上御来場下さいませ。
CDの手持ち残り枚数が微妙な感じになりましたが、若干持ち歩く予定でーす。
ご希望の方は予約して頂けると枚数把握が出来助かります。
宜しく御願い致します。

そして東京は豪華ゲスト。
7/30@マイルスカフェ
Guest:吉田建(Bass),遠山哲朗(Vo.Gt)他
吉田建さんにお越し頂ける事になりましたー。
--
『JASMINE POWDER』
リーダーやってまーす。

7/14@Shibuya Milkyway
対バンイベントで出演時間が18:30とチョー早めです、この日はデュオでホンワカと。

8/8〜Sharo's BIRTHDAY LIVE!!〜@マイルスカフェ
Sharo(Vo.),ただすけ(Key.)
長井ちえ(G.),江森正敏(Bass),福長 雅夫(Drum.),渡部沙智子(Cho.)
この日はワンマンで久しぶりに大きな編成。
ギターを長井ちえさんにお願いしちゃいました。
準備は大変ですが楽しみでーす。
お時間ある方は是非。
--
『Le Velvets』
バンマス兼雑用やってまーす。
7/21@渋谷 PLEASURE PLEASURE
チケット、、、、あるかなぁ?
今回も大変です。クラシック、、、あるらしいです。。。
--
『ひまり』ツアー
夏祭り〜3flower〜
サポートで参加しまーす。
7/17@名古屋/ell.SIZE
7/18@大阪/OSAKA MUSE
7/24@仙台/LIVE HOUSE enn
7/31@東京/duo music exchange
--
セッションでーす。

7/11
TOMMY session@音楽室DX
説明不要、いつも賑やか。
TOMMY(vo), TAK斉藤(b),岸田容男(drs),ただすけ(pf)

7/22
永井健二郎セッション@マイルスカフェ
庵原くんとコンボでは初。
永井健二郎(b),庵原良司(sax),齋藤たかし(ds),ただすけ(key)

7/25
平井景Session@調布GINZ
平井景(Drs)、高瀬龍一(Tp)、村上聖(B)、ただすけ(P)
皆さんと初めましてでーす。お噂には予々系の豪華なメンバーに、今から緊張してますー。
楽しみですっ。

8/13
瀬木貴将@東京倶楽部
瀬木貴将(サンポーニャ&ケーナ)、越田太郎丸(Gt.)、ただすけ(Pn.)
「夢のチカラ/THE ALFEE」「アゲハ蝶/ポルノグラフィティ」に参加の瀬木さんリーダーセッション。
こちらも楽しみです。タロマさんと3人で大人の音楽。


スタンプラリーばりの全16本!
特に下旬は過酷ですが、これを乗り越えたらば。。。。。。



もっとハードなツアーが始まりますね☆


応援宜しく御願いしまーす。
出来れば会場へお越しを〜!
  • 2010.07.04 Sunday
  • 12:36

雑記

ちょっと告知。

THE ALFEE@札幌、向かいます。
ご来場の皆様、お楽しみにー。

明日は熊谷さんとデュオで、くますけ@札幌JAMUSICAにてライブですが、
明後日に、何の流れかくますけでラジオの方にお邪魔させて頂く事になりました。

FMアップル(周波数76.5MHZ)インターネット放送あり。
※札幌市内、石狩市、江別市、北広島市、当別町の一部が放送エリアです。
番組:9:00〜12:00「Apple Puls+」
DJ:森本洋子さん
出演時間:11:30〜11:50(予定)
http://www.765fm.com/

ネットでも聞ける様なので、ちょこっとですがお時間がある方は聞いてみてくだされー。

おっと出かけなければですな。
  • 2010.06.12 Saturday
  • 07:04

雑記

ジノマサポンすけ

写真完全に取り忘れました!!

最高に楽しかったですですー。

集合写真は7月に撮りますね。






今日のライブ、終了迄絶対に忘れてようとしていた事実。

ポンプさんとは、いつもライブをしているからフランクにお話し出来ます。

マサさんとも、割といつでもフランクにお話し出来ます。

ジノさんはそもそも社交的な性格なので、フランクにお話し出来ます。

全員とフランクに話せますが、、、







よく考えなくても、全員大先輩。

どっひゃー。

2年前なら、間違いなく萎縮してましたねー。






7月に行われるかもなジノマサポンすけ2。

あっ、ひらがな俺だけ。


お楽しみに!!
  • 2010.04.22 Thursday
  • 00:38

雑記

THE ALFEE 開幕〜!

秋ツアーが終わって、あっという間に春ツアーです。
と言っても今回のツアーは、何せ内容がハードだったので、準備がとても大変でしたー。
リハーサルが進めど進めど終わりが見えず。。。
その甲斐あって、良い初日を迎えることができて良かったです。

さて機材話。
キーボードブースのシステムも全体を見直して、ピアノ系とシンセ系のプログラムを新しくしました。

実はオヤジバトルの時は、YAMAHAのCP1を使わせて頂いてズバ抜けた音抜けの良さを体感したのですが、システムに上手く組み込むことができずにツアーでの使用は断念してしまいました。
RD700GXに戻し、V-Pianoのボードを新しく採用しました。
物理モデル音源だと、ギラギラにブライトなピアノ音色でも、やさしく演奏するとやさしい反応が返ってくるので演奏しやすいです。
PA的に良い音とプレイヤー的に良い音との妥結点が、今回は上手く導けたのではと思います。

シンセセクションでは、FANTOM-Gのマスターキーボードとしての優秀さも生かして、MOTIF-XSを今迄以上に活用しています。
可能性がまた色々と広がりました。

レイアウトの変更点の正解は、オルガンとその足鍵盤の左右入れ替えと、椅子の変更です。
皆さん良く見てますねー。
コメントにメールにありがとうございます。
位置決めは、今回大分神経質になりました。
1ミリ単位とは言いませんが、1センチで動かし過ぎになったり、決まる迄大変でした。
担当ローディー君には、お手数をかけまくっていますー。

難曲が何曲もあったり他にも大変な事が合ったりした今回に、ここまで試練を増やさなくても良かったのかも知れませんが、思い立ったが吉祥寺スタパと言う事でした。
演奏も機材システムも、まだまだ進化できる様に頑張って行きまーす。

最近ツイッターにかまけており、ブログがおろそかになりましたが、自分の中での棲み分けが決まったので、きちんと更新して行きますね。
IDはtdskeです。
もう少し良いのは無かったのかと言うツッコミ多数でしたが、欲しいのは取られておりまして。
IDやアドレス絡みはシンプルなのが好きでして。
ドメインもアドレスも待ちに待って取得したのですが、無料の物は一度手にしたら手放される事は無いので残念ですー。


さてさて、そんなツイッターでの心の琴線に触れた質問に、長文なのでコチラで答えますよ。
「チェンバロを弾いた事はありますか?」
何度かあります。
凄く印象深い思い出があるのです。
もう軽く10年以上前の話しですが、夕方くらいに母親に電話があり、
「明日のサロンコンサートで急遽歌の伴奏者が必要になり、初見に強いピアニストは誰かいないか?」
うちの母親はクラシックの作編曲と新曲ピアニストをしており、本来ならば本人が行くのであろうが本番が重なっているのだ。
「とても困っている様なので、空いてたら行ってくれないだろうか?楽譜は夜に来ます。曲数12〜3曲」との事。
果たして前日に探して、当日リハのみの内容なのだろうか?と言う疑問もわきましたが、コード譜の読めなかった学生時代に前日コード譜で15曲に比べればまだ楽だと思い引き受けたんですな。その話しはまた後日。
実際FAXで楽譜が届いた所、潰れていて見にくい上に、苦手なモーツァルトのオンパレード。そりゃそうだよね。
まだ音が出せる時間帯だったので譜読みするも、モーツァルト以外にも厄介な近代物が含まれていてイヤーン。
これ1晩で全部弾ける伴奏者いるの?いるんだろうなぁ、と思いながら時間と戦いながら譜読み。
目処がたったので残りは朝連打な、違った朝練だなこりゃ。
早朝に改めて練習してみた所、追いつめられれば人間出来る物だなぁと感心。
ここまで弾ければ問題無いだろう。後は歌手との呼吸が合うか否や、だ。
歌手によってはブレスすらノーモーションの人がいるので、ピアノも同時に出なければいけない曲の場合、緊張感というより悲壮感が漂います。
さておき、会場に辿り着きまして、想像以上にお洒落な会場じゃないか。
うむ、この会場にあるのはどんなピアノなんでしょう、楽しみ楽しみー。
ん?ピアノが見当たらない。

担当「初めまして。今日はご無理を言って申し訳ありません。宜しくお願い致します。」
鈴木「こちらこそ、至らない点が多々あるとは思いますが、宜しくお願い致します。で、早速指ならしをしたいのですが。。。」
担「実は、会場にピアノがありませんでして。持ち込みなんです。」
鈴「そうなんですか。(そうか今日はクラビノーバか何かなのか。弾きにくいのかなぁ。)」
担「、、、、、実は、お話がその、行って無いとは思うんですが、コレなんです。」
鈴「あらま、見た事あるよな小振りの可愛らしい。」
担「ええ、今日は調律師も帯同しておりますので、ご安心をー。」
鈴「そりゃあ安心ですねぇ。ってチェンバロやんけ!!」
担「すいませんっ」

もう、普通でも大変なのに、更にチェンバロー?
鍵盤数は足りないし、機動力に劣るのでピアノみたいに同音連打はもとより、パッセージによっては弦に爪が戻ってないし。。。
朝連打は出来たけど昼過ぎたら出来ませんでしたー。

しかも歌手との呼吸の合わなさサイコー!
音楽の趣味や、いつも一緒にやっている音楽家の傾向とか、合わな過ぎー!!

楽器と曲も合ってなければ、歌手と伴奏者も合ってない。。。
リハ、大変でした。

しかししかし、何とか微調整出来て無事本番。
本番終了後予定外のアンコール。拍手喝采。サロンコンサートなのでみんな酔っぱらっている。
歌手「本日はアンコールの用意がありませんで。伴奏の鈴木さんにも急遽いらして頂いたので。」
客1「じゃあ、チェンバロで独奏だ!!素晴らしいチェンバロだったぞ、なあみんな!!」
客達「そうだーそうだー!」

何の寸劇の台本か。しかも自己採点では素晴らしくなかったしー。

鈴木「いやあのそのチェンバロのレパートリーはありませんでしてへへへ。」
客2「作曲家と聞いたぞ!即興で何か演奏しないか。バッハが好きだ!」
客達「そうだーそうだー!」
鈴木「それでは、リクエストにお答えして、バッハ風即興曲『something』」
一同失笑。ってそこはのってくれないんかい!

「会場のお時間となりましたので…」
の声がかかるまで、てんやわんやはまだまだ続くのだが、それは割愛。大変だった。




帰宅。
母親「どうだった?」
息子「楽器がチェンバロしか無かったよ!!」
家族爆笑。


ええ、チェンバロもチェレスタもパイプオルガンも、何度か演奏した事があります。
でもチェンバロでロマン派以降の選曲は、よく考えないといけませんね。
  • 2010.04.12 Monday
  • 14:53