Calender

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

雑記

2/15

ポンすけツアーの合間に捩じ込んだ、JASMINE POWDERのライブに助っ人を入れましたー。
あややや東方神起等のツアーでお馴染み、パーカッションにふくちょうこと福長雅夫さんをお呼びしましたよ。
いつもと全く世界観が変わるかと思いますが、お時間のある方は是非ー。

他にも、ちょいちょい告知してまーす。

ポンすけCD収録曲の告知は、はもう少しお待ちをー。
  • 2010.02.01 Monday
  • 21:01

雑記

お知らせ。

大体、軽く下ネタなエントリー振っておいて、
そこに付いたエロスパムコメント削除し忘れてるってどういう事ですか?
どうして禁止ワードにアレもコレも、ましてやそんなものまで設定してあるというのに、
どうして奴らは次々と新しい言葉を導入してくるんでしょう?

さて、最近は忙殺されていて、呟くのも出来ていない今日この頃ですが、
皆さん如何お過ごしですか?

ここで、残念なお知らせがあります。
3/8にサポートで参加を予定しておりました、
BIG JUHN4度目の4thワンマンライブ(vol.鶤)第四弾
「Un être humain inutile」
ですが、何故表題がフランス語なのかはさておき、
スケジュールの都合で不参加と相成りました。
お詫びに、この発音の難しいタイトルのお手本を用意させて頂きました。
アランジュリエットに発音をお願いしました。
PCからどうぞ。
是非、正しい発音を習得して、ライブを楽しんで頂ければと思います。
意味は各自の宿題という事で。
次回には必ずリベンジしたいと思っています。
ま、席がまだあれば。。。
ライブは更に空回りも含め面白い物になると思うので、
是非是非足をお運び下さいー。

さて、お知らせその2。
何故かDKT報告以降の情報提示を怠っておりましたが、遂にタイトルと収録曲を発表します。
アルバムタイトルは
Le premier de PONSUKE.
[Au revoir]
何故フランス語なのかはさておき。
なかなか発音が難しいので、こちらもアランジュリエットのお手本をご用意しました。
PCからどうぞ。
是非、正しい発音を習得して、アルバムを楽しんで頂ければと思います。

その他、スケジュール更新していますー。
また、もろもろ告知しますね。

それでは皆さん、おやすみなさい。
  • 2010.02.01 Monday
  • 00:40

雑記

そうだブログを書こう。

ここ最近、言葉で何かを伝えるという事の難しさを感じています。
オンラインでもオフラインでも。
だから音楽で伝えるのかと思ったり。
あまり饒舌になると、音で語れなくなるのかも。
昔は寡黙だったんですけどね。
まあ、告知は言葉で書かねば。
それとも歌って告知しますか?

さてさて、2月はポンすけツアーでーす。
今までに無いくらい本数多めですが、やはりスケジュールの事を考えると正直大変です。
また来年もこんな事が出来れば良いのですが、はてさて。。。
音源制作で燃え尽きた感がありますが、もちろんライブも頑張りますね。

音源の方は、インストものとは言え、インプロ的な物を楽しむと言うのとは、
少しばかり意味合いが変わってしまいましたが、ある一定のコンセプトを定め、
作曲時の曲に対する気持ちを納める事が出来たと思います。

と書いた所で、普通は事前に予習する材料にCDなのかしら?と思ってみたり。
まあ今回の音源は、どちらかと言うと家で復習して貰うタイプなのかしら?
新作の音源は次の機会に。

それにしても寒いですね。
ツアー中も寒いんだろうと思います。
でも、どんなに寒くても、
トランクスの上にヒートテックのタイツは、履き心地が悪過ぎです。

CDお楽しみに。
  • 2010.01.27 Wednesday
  • 15:38

雑記

そういえば事業仕分け。

ご協力頂けた旨のメッセージやメールをたくさん頂きましたので、
その結果を掲載せねばと思います。
文部科学省の公開文書から関連する部分を抜き出したエントリーがありましたので、
引用させて頂きました。

引用元はコチラ↓
http://musicizumo.exblog.jp/12573309/

え?手抜き?
許してー。

さ、CDCDドレドレれれれれ


以下、引用文
==========

事業仕分け結果・国民から寄せられた意見と平成22年度予算(案)における対応状況−文部科学省

−−−−−−−−−−
<項目名>
文化関係1
芸術創造・地域文化振興事業等・子どものための優れた舞台芸術体験事業
芸術創造・地域文化振興事業

<要求額>
116億3千7百万円

<事業仕分けの結果>
【評価結果】予算要求の縮減
【主な理由・コメント】
○文化の振興という数値で図れない事業の必要性は否定しないが、芸術・文化に国がどのように税を投資するか明確な説明がなされておらず、効果説明が不足。

<国民から寄せられた意見>
○約11万件の意見。
○「事業を民間に任せるべき」といった極少数の意見のほかは、ほぼすべてが事業仕分けの結果に反対するもの。オーケストラ、舞踊、演劇など幅広い分野から、例えば「文化振興は国の責務であり、費用対効果で考えるものではない」といった意見。

<予算案における対応>
○事業仕分けの結果や頂いた御意見を踏まえ、優れた芸術活動への重点的支援については3年で1/2まで縮減するとともに、地域の芸術拠点形成事業を2年で廃止するなど効率化を図りつつ、引き続き各般の施策を通じ文化の振興に努めて参ります。

<予算額(案)>
104億5800万円(要求額から11億7900万円減)

−−−−−−−−−−

<項目名>
文化関係2
芸術家の国際交流

<要求額>
32億1100万円

<事業仕分けの結果>
【評価結果】予算要求の縮減
【主な理由・コメント】
○フォローアップ(検証)がなされていないなど、税金投入の説明が不足。
○事業自体は重要と考えるが、事業対象者のフォローの仕組みと評価の仕組みを構築してから実行すべき。

<国民から寄せられた意見>
○約900件の意見。
○「対外的な発信力のある芸術家を少数精鋭で派遣すればいい」といった意見は極少数(3%)で、それ以外の97%が事業仕分けの結果に反対するもの。例えば、「予算削減による有能な人材の海外流出を懸念する」、「新進芸術家の人材育成は国が大局的な見地から実施すべきであり、それが文化芸術振興の根幹をなすもの」といった意見。

<予算案における対応>
○事業仕分けの結果や頂いた御意見を踏まえ、海外公演の公演数や新規派遣の減などの効率化を図りつつ、引き続き各般の施策を通じ文化の振興に努めて参ります。

<予算額(案)>
26億9500万円(要求額から5億1600万円減)

−−−−−−−−−−

<項目名>
学校への芸術家派遣 302
コミュニケーション教育拠点形成事業 125

<要求額>
学校への芸術家派遣 3億200万円
コミュニケーション教育拠点形成事業 1億2500万円

<事業仕分けの結果>
【評価結果】国の事業として行わない
【主な理由・コメント】
○「学校への芸術家派遣」の検証がなされていない。新たな事業展開は検証をした後実施すればよい。
○コミュニケーション教育拠点形成事業は、評価法をあらかじめ確立してからスタートすべき。推進会議等の仕組みは無駄。

<国民から寄せられた意見>
○約800件の意見。
○「国として取り組む事業ではない」といった意見は極少数(1%)で、それ以外の99%が事業仕分けの結果に反対するものであり、例えば、「子ども時代の文化活動の体験は、お金では買うことのできない価値がある」、「文化芸術政策は、それがソフトパワーに結実することによって日本の国際的なプレゼン スに直結」、「仕分け結果は芸術の公共性についての認識が欠如」、「児童生徒のコミュニケーション能力や創造力の育成は、日本の将来の産業・経済を担う人材育成や国際競争力維持の観点から、緊急性が高く国が実施すべき」といった意見。

<予算案における対応>
学校への芸術家派遣
○事業仕分けの結果や頂いた御意見を踏まえ、本事業自体は廃止しますが、本事業については子どものための優れた舞台芸術体験事業に統合した上で、子どもの芸術体験活動に引き続き取り組んで参ります。

コミュニケーション教育拠点形成事業
○事業仕分けの結果や頂いた御意見を踏まえ、本事業自体は行わないこととしますが、文化庁が従来より実施している「子どものための優れた舞台芸術体験事業」の中で行われる学校現場の取組で得られた成果・課題等も活用し、児童・生徒のコミュニケーション能力の育成を図って参ります。

<予算額(案)>
両事業とも 0円(全額カット)
==========
  • 2010.01.12 Tuesday
  • 23:52

雑記

最近の生活。

ライブやスタジオワークが無い限り、起きて5秒で職場につくので、起きたら割とすぐ仕事。

起床→珈琲→作業→珈琲→作業→食事→珈琲→作業→作業→つぶやく→作業→コロプラ→珈琲→仕事の電話→作業→作業→食事→作業→発狂→作業→絶叫→やり直し→つぶやく→ロワイヤル→珈琲→作業→飲酒→作業→入浴→飲酒→つぶやく→就寝




最近、ほとんど外出して無い。


これって音楽引き蘢りですね。
なのに、現在進行状況30%程度。
間に合うか?

仙台に間に合うか?

間に合え!



みなさん、仙台でいち早く手に入れられる事を願っていて下さい。
何故、仙台おしおしなのか?
推して知るべし。



ああ、オラ逃げん木田麻央。
なにそれこわい。
  • 2010.01.09 Saturday
  • 21:41

雑記

年明けポンすけ。

ご来場の皆さん、ありがとうございました。
無事にポンすけ年明け終了しました。

ご来場の皆様ありがとうございました。
2日間ともの素晴らしいゲストの皆様にも感謝。
一年の良いスタートを切ることができたと思います。


今年も、頑張って行きます。
若干小走りで年末迄行きたいと思いますので、
応援宜しくお願い致します。



ただすけ



P.S.現在判明している今年の予定をアップしましたー。
って、取りかかるの遅過ぎた?
  • 2010.01.03 Sunday
  • 23:39

雑記

ポポポポポンすけ!!

何と!!
今更ですが、告知をすっかりここではしていなかったので、告知します。
皆来て〜〜〜。

まずは新年2Days。

2010.1.2(Sat)@吉祥寺StarPine'sCafe
open 15:00-start 16:00
遠山哲朗(gt)
西嶋徹(bs)
ポンすけ
シークレットゲストあり

2010.1.3(Sun)@吉祥寺StarPine'sCafe
open 15:00-start 16:00
文太郎[小川文明(pf)&斉藤孝太郎(vc)]
ポンすけ

そしてCD作ってますツアー。

2010年2月
11日(祝) 仙台サテンドール2000
12日(金) 柏Studio WUU
14日(日) 池袋マイルスカフェ(昼夜2回公演)
16日(火) 茨城ガールトーク
18日(木) 福岡NEW COMBO
19日(金) 広島BIRD
20日(土) 京都RAG
21日(日) 大阪BAR MUZSE
22日(月)/23日(火) 名古屋DOXY
27日(土)/28日(日) 札幌くう

奮ってご酸化!!さびさび。
年明けお会いしましょう。
  • 2009.12.26 Saturday
  • 23:52

雑記

もちょっと伝わる写真が手に入りました。



今回、塗装してくれた方のブログから引っ張って来てしまいましたー。

http://ameblo.jp/germ-s/entry-10412852744.html

凄く良い出来なので、キーボードでもこういうの流行ると良いなあ。
次は何をお願いしようかしら。
アコーディオンかな?

ニューヨーク展等で多忙な中、ありがとうございました〜。
下記が、その方のサイト。

そのうち大きな画像とかが出るんじゃないかな?

Shiba art
TORU SHIBATA

http://www.shibaart.com/photo.html
http://www.fla-sh.org/


追記:筐体はRolandのAX-SYNTHでーす。
  • 2009.12.17 Thursday
  • 12:54

雑記

事業仕分け。

ニュースにもなりましたが、文化事業への予算削減・廃止が予定されています。
当然それに対しての反対運動が起こっています。
知り合いの作曲家の方からメールを頂きました。
内容が内容ですので、御本人から許可は頂いておりませんが転載します。

以下がメールの転載です。
--
事業仕分けによりオーケストラやそれに準ずる活動への予算が来年度から廃止・大幅削減される事になりそうです。

具体的には全国のオーケストラで発表されている来年度の定期演奏会などの公演の殆どが中止・プロジェクトの廃止となってしまいます。オーケストラが行う子供の為の音楽教室も無くなります。

そして1番大きな問題は日本の殆どのオーケストラが潰れてしまうということです。
日本のプロオーケストラ、ウインドオーケストラは国からの支援、企業による援助によってようやく演奏会を開く事が出来ます。華やかな舞台とは違い少ない予算と沢山の努力によってやっと経営出来ているのに国からの予算削減・事業廃止と言われたらたちまち仕事がなくなりオーケストラは解散するしかなくなります。このままだと全国に2つしかオーケストラが存在しなくなるかもしれません。

そうするとコンサートもオペラも、接する機会が無くなります。職を失うのは指揮者、楽団員だけでなく、事務局の方々、音楽事務所の方々、ホールを使わなくなれば赤字になり結局ホールの職員の人たちも生活が厳しくなります。一つの分野が衰退していけば様々な所に波及し、日本に芸術分野が存在しえなくなります。

小澤さん、飯森範親さん、中村紘子さん、藤岡幸男さん、作曲家の三枝さんなど楽界を代表される方たちが芸術文化を守るため活動してくださっています。

皆さんにも文化を守るため今の状況をご理解頂いた上ご協力して頂きたいことがあります。
これを読んで頂いた方にお願いがあります。
文化庁へ意見の申し立てのご協力をお願いしたく思います。
皆さんにEメールを2通送って頂くことにより事態が変わって行くかもしれません。
お忙しい中恐縮ですが芸術、音楽の必要性を政治家、仕分け人、行政、そしてたくさんの人に理解してもらう為に是非ご協力お願い致します。


メール(携帯、PCなどなんでも構いません)の内容ですが
その際件名は
1通目件名:事業番号「4」事業名「文化関係1 独立行政法人日本芸術文化振興会」


2通目件名:事業番号「5」事業名「文化関係2―芸術家の国際交流(学校への芸術家派遣)」



本文(共通):中川正春文部科学副大臣
後藤斎文部科学大臣政務官宛


1件目本文:『芸術創造活動特別推進事業助成金の削減・廃止に反対します。』


2件目本文:『プロ・オーケストラによる本物の舞台芸術体験事業の廃止に反対します。
この事業は日本の文化活動を底支えしようという事業、また子供達の感性を豊かにし、将来の日本を担う人材を幅広く育てよう、という事業だと考えます。
この事業の継続を強く希望します。』



宛先はnak-got@mext.go.jp期限は12/15になります。


今沢山の人の声が必要です。
沢山の人にこの事態を知って頂き、ご協力をお願いしたいです。
芸術は儲かるものではないのかも知れないし、すぐ結果が見えるものではありませんが生きていく上で無くてはならないものです。
皆さんのご意見是非発信してください。

--
以上です。
正確に言うと、文部科学省の方で意見を明日12/15まで受け付けているという事らしいです。
また、ちょっと調べてみた所、この事業番号の対象となるのはオーケストラだけではなく、能楽、狂言、文楽、歌舞伎、落語、演劇、バレエ等に対しても同様という事らしいです。
もしも西洋音楽のみに対する予算削減という事であれば、あえてブログに書く事ではないのかもと思っていましたが、こうなると少しばかり話は変わって来ます。

検索結果の上位に来たブログから一部引用します。
--
それにしても文化庁の総予算は国家予算のわずか0.12%。
今回、オーケストラ連盟が維持を訴えている助成金は年間19億円。随分とささやかな望みだ。
(ちなみに国が表明した途上国の地球温暖化対策支援は3年間で8000億円、アフガン支援は5年間で4500億円。)

引用元はhttp://pilsner.blog100.fc2.com/blog-entry-85.html
--
コチラのエントリーの方が要領もわかりやすいかも知れません。
19億円がささやかなのかどうかというのは、国内にどれだけのたくさんの数の団体があるのかと言う事です。

今回のエントリーはですね、単純に「ご協力宜しくお願いしまーす☆」と言いたい訳ではないのです。
もちろん、この運動に賛同して頂けるのであれば、是非メールをお願いしたいと思います。
ただ、限られた国家予算の中で何に割り振るのかという事もあるのでしょう。
色々な立場と考え方があるのだと思います。


ですが、政治に参加するというのは、投票所に行く以外にもあるのだと。


さて、メールを送って仕事します。
〆切りが迫って来ます。
あぁ、〆切り。。。


そうですメールの〆切りは明日です。
ご協力宜しくお願いしまーす☆
え?だってここは一応音楽家の端くれがやっているブログなんですもの、仕方が無いじゃない。
  • 2009.12.14 Monday
  • 16:01

雑記

御報告。

ほんのちょっとだけ音楽制作に参加しました。


「しまじろうクリスマス公演」

「天使の涙」


なんだかんだとやっております。
  • 2009.12.08 Tuesday
  • 13:23